top of page

腸内環境で、幸福感が決まる。


腸内細菌、ダイエット

最近の研究で、

リラックス、安心感、幸福感をもたらす

別名『幸せホルモン』とも呼ばれる

神経伝達物質、セロトニンの約90%が腸で

作られていることがわかりました。


腸内環境が良く、セロトニンがたくさん作られていれば精神状態は安定しますし

逆に腸内環境が悪いと

イライラや不安感の原因になり、

うつ病にまでつながるというのです。


つまり、幸せを感じやすいかどうか、

幸福感を感じながら暮らせるかどうかは

腸内細菌のバランスによって

変わるということがわかってきました。


そして腸は、健康や美容にも大きな影響を与えます。


腸内環境が悪いことで

肌荒れや、便秘、花粉症や

アトピー性皮膚炎といった症状に始まり


糖尿病や高血圧、認知症や

アルツハイマー病などの病気の原因になる

こともわかっています。


もちろん肥満の原因にもなり ダイエットにとっても最重要といえます。


腸内環境を、強く意識した

お食事をしていくことがダイエット、健康に大切です。


0件のコメント

ความคิดเห็น


bottom of page