• パーソナルジムLifeB湘南平塚

熱々の食べ物は、ガンの原因になる。

熱々の食べ物が、病気の原因になり、冷ました食べ物が肥満・病気を予防する。

熱い、辛いはガンの原因になる。


猫舌万歳、熱々、激辛は胃や食道を荒らす原因になります。 おでんやスープなど熱々のものを継続的に口にしていると、胃や食道がやけどをしてしまい、ガンのリスクが高まるといわれています。

毎日のように熱いものを口にしていると、 その刺激にによりガンを引き起こすことがあります。

熱い茶がゆを食べる習慣があった奈良県には 食道ガンでの死亡率が全国平均より2〜3倍、高い時期がありまた。

地域を挙げて変革に取り組んだところ、食道ガンの発生が減少したという報告もあります。

また激辛の食べ物やアルコール度数の高い お酒を頻繁に摂取するのも食道や胃の粘膜を傷つけるので注意が必要です。


冷や飯が、ダイエットにも健康にも良い。

ご飯を冷やす、焼き芋を冷やす、ジャガイモをポテトサラダにするなど 1度、加熱したデンプンを冷やす過程でおこる現象を、レジスタントスターチといいます。 レジスタントスターチには 整腸作用や生活習慣病の予防効果があるとされている食品中の成分であり、食物繊維の1種になります。 食物繊維の中でも、腸内細菌に対して良い影響を与える効果があります。 レジスタントスターチによる、主な効果は?

血糖値の上昇抑制

レジスタントスターチでは、消化がゆるやかになり、血糖値の上昇を抑える。 血糖値を抑えることで、インスリン分泌を抑制でき、脂肪の蓄積を抑えることができる。


腸内代謝

大腸に届いたレジスタントスターチは、腸内細菌によって代謝されて、 腸内を悪玉菌が活動しにくい弱酸性に維持する効果があり、善玉菌を育てやすくする。 さらに、大腸から体内へ吸収されて大腸がんの予防、大腸炎の予防、中性脂肪やコレステロールの上昇抑制、インスリン抵抗性の改善など、全身の健康維持に役立っていることが複数報告されています。

空腹感の抑制

レジスタントスターチを多く含んだ食品を摂ると、小腸でおだやかに消化され、大腸ではゆっくりと代謝されて短鎖脂肪酸になるため、摂取してから時間をかけて体に吸収される。このため、朝食に食べると昼食、昼食に食べると夕食の空腹感や血糖上昇を抑える効果がある。


摂取カロリーの抑制

でんぷん1gあたりのカロリーは通常4kcalとみなされているが、レジスタントスターチのように小腸で消化されず、大腸で腸内細菌に代謝されて短鎖脂肪酸として吸収されるでんぷんのカロリーは1gあたり2kcalと、通常のでんぷんの半分とされている。


冷まして食べるだけでも、ダイエット効果、病気の予防になります。 毎日の、お食事の仕方で、将来の外見、体は大きく変わっていきます。



 #パーソナルジム #レジスタントスターチ #腸内細菌 #熱い食べ物 

#冷たい食べ物

#パーソナルジムLifeFoodFitness湘南平塚

#平塚市パーソナルトレーニング

#腸内環境

#平塚市

#ダイエット

#ボディメイク

#予防栄養学

#機能性栄養学

#筋トレ

#トレーニング

0件のコメント

最新記事

すべて表示