• パーソナルジムLifeB

夕食と就寝時間のダイエット・病気の関係



夕食と就寝時間のダイエットと病気の関係性

アルツハイマー病研究の権威である デール・ブレデセン博士は

  • 血中にケトン体を産生するまで糖質を減らす

  • 緩やかな菜食主義

  • 毎日12時間以上の絶食

  • 夕食と就寝時間を3時間以上空ける

  • 8時間睡眠

を推奨しています。 これにより神経細胞の エネルギー代謝が促進され、 睡眠中にオートファジー(古くなった細胞が新しく生まれ変わる)が活性化します。 そんな中、 夕食と就寝時間の間隔が 長ければ長いほど、 乳がんと前立腺がんの発症リスクが 減少するとの報告が話題を呼んでいます。 スペイン・バルセロナ国際保健研究所の マノリス・コゲビナス博士らの研究チームは、 夜更かしや夜食、寝不足など現代人の ライフスタイルと、乳がんと前立腺がんの 発症リスクとの関連性に注目しました。 乳がんと診断された女性1205人と 前立腺がんと診断された男性621人を 対象に夕食のタイミング、睡眠時間、 夜更かしの有無を調査し、 対照群男女2193人と比較。 その結果、 夕食の直後に就寝する人は 2時間以上おいた人に比べて 前立腺がんの発症リスクが26%、 乳がんの発症リスクが16%増加 していることが分かりました。 また夜10時以降よりも 9時前に夕食を終わらせた方が、 乳がんと前立腺がんの発症リスクが 低いことも判明。 また夜10時〜深夜2時がもっとも脂肪に なりやすいホルモンが分泌しています。 夜更かしよりも朝型の方が 両がんの発症リスクが低い傾向が みられることが分かったのです。 夜更かしや夜食は 人間の概日リズムを制御する 遺伝子に影響し、 細胞の代謝に悪影響を与えて 細胞がん化のプロセスを促進する 可能性をコゲビナス博士は指摘します。 夕食を早めにとると 就寝中にケトン体(体脂肪をエネルギーとする)が産生され、 がん細胞を抑制したり認知機能を改善したり する効果が知られています。 ケトン体が産生するということは、体重・体脂肪が落ちやすくなることでもあります。 夜更かしや夜食は避けて 早寝早起きを心掛ける、夜10時以降は食べないようにすることを心がけると良いです。 ちなみに、お昼の2時がもっとも脂肪になりにくい時間になります。 食べる時間も意識することで 痩せやすくなる、病気になりにくい体になります。


#平塚市パーソナルジム #平塚市パーソナルトレーニング #オートファジー #パーソナルジムLifeB湘南平塚 #ダイエット #ボディメイク #平塚市 #湘南平塚

0件のコメント

最新記事

すべて表示