• パーソナルジムLifeB湘南平塚

健康な食事をするために



もったも大切な、脂質

ダイエット、美容、健康に、よい脂質を摂ることが大切です。

必須脂肪酸には、オメガ3 とオメガ6があります。

体内では合成ができないので、食品やサプリメントなどで摂る必要があります。

ほとんどの人が、オメガ6のとりすぎになっています。

理想の割合わ、オメガ3 が1に対して、オメガ6は1〜4くらいです。

1対1に近づけることが理想です。

ただ多くの人は、1対10とか1対20または、それ以上になっています。

外食が、多い人はこういった割合になりがちです。

(お惣菜や、コンビニの食品、お店で使われている、植物油、サラダ油は、ほとんどがオメガ6)

サラダ油は使わないようにすることも大切です。

オメガ3 は意識して食べないと、多くとれないです。

(魚が好きな人は、無意識に採れている。)

オメガ3 を摂ることでの予防効果を書いていきます。

肥満、コレステロール値抑制に効果があり、病気の予防効果は高血圧、糖尿病、心臓病、関節リウマチ、骨粗しょう症、うつ病、双極性障害、統合失調症、ADHD、認知機能低下、湿疹や乾癬などの皮膚病、炎症性腸疾患、ぜんそく、黄斑変性症、生理痛、結腸がん、乳がん、前立腺がんなどの予防があげられます。

オメガ3 が摂れる、食品は

青魚、海産物、藻類、グラスフェッド(牧草飼育)の肉・食品、クリルオイル、フィッシュオイル、えごま油、亜麻仁油、クルミ油、ヘンプシードオイル、クルミ、チアシードなどです。

これらを摂れていない人は、オメガ6の過多になっています。

オメガ3 青魚などに含まれる

EPAエイコサペンタエン酸

DHCドコサヘキサエン酸

加熱すると溶け出してしまうので

鍋や刺身、水煮缶、生で摂るのがベストです。

EPAは青魚(サンマやイワシ、アジ、サーモン、サバなど)

EPAには脂肪を燃やす、脳にも良い、筋肉の分解を抑制し、合成にも働く

例えば調理方法。お刺身など生の魚で摂れるDHA量を100%とした場合、焼き物・煮物で約20%減少。揚げ物では、なんと約50%も減少してしまいます。

オメガ3 を意識して摂ることで、体重・体脂肪も落ちやすく、美容、健康にも良くなります。

毎日のお食事で意識することが大切です。


#平塚パーソナルジム #平塚パーソナルトレーニング #パーソナルトレーニングジム平塚 #平塚ダイエットジム #パーソナルジムLifeB湘南平塚 #平塚市 #湘南平塚

0件のコメント

最新記事

すべて表示