top of page

体脂肪を落とす。



炭水化物を摂るなら夜

糖質は、体内でグリコーゲンとして筋肉や肝臓に貯められる。


この筋肉や肝臓に貯められた

グリコーゲンが溢れることで


体脂肪に変わる。


グリコーゲンが筋肉や肝臓の

貯蔵庫から、枯渇して


初めて体脂肪がエネルギーとして使われ、体脂肪が燃える。


朝は、寝てる間に、グリコーゲンが枯渇されているので


体脂肪が落ちやすい状態になっている。


ここで有酸素運動をやってあげるのがもっとも体脂肪が落ちる。


また朝から、日中は糖質を摂らないことでグリコーゲンが常に枯渇した状態になり


体脂肪が落ちやすなる。



また、炭水化物=糖質を摂らない状態で

中鎖脂肪酸=mctオイル やココナッツオイルを摂ってあげると



さらに、体脂肪を落とす、ケトン体が

体内で生成される。


とういことで、糖質を摂るとしたら夜がベストである。


夜摂った、糖質は、寝てる間に

枯渇して


また、朝になると、体脂肪が燃えやすくなる。


体重を維持したい時も

夜に炭水化物、糖質を摂るといいでしょう。


さらに糖質を選んで食べれば

それでも体重は落ちます。


糖質をコントロールすることで

体重を維持することがてき


体重・体脂肪を落とすことができます。



0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page